自律型組織を目指すリーダーのパフォーマンスを最大限発揮する

 

「経験」が脳と身体に記憶される

2019/04/15

「経験」が脳と身体に記憶される

 

WBFプログラムの基本は、デービット・コルブの提唱する「経験学習」です。

 

人間は、ただ「知識」を学び頭に入れたとしても

その知識を活用できるとは限りません。

ですので、

WBFでは「知っている」ではなく「できている」がゴールなので「経験」が欠かせません。

 

そして、ただ経験するだけではなく以下のサイクルが重要になってきます。

  ◉新しい試み:今までと同じでは新しい体験は生まれません

  ◉具体的経験:実際に行動して「経験」します

  ◉内省的観察:脳で気づく、身体で感じる

  ◉概念化:気づきや感じたことを言語化する、概念レベルにあげる

 

このサイクルを回すことで

どんどん新しい知識が自分の血肉となって脳や身体に記憶されていくのです。

 

特に「概念化」は非常に重要としています。

できる人は1から3まで自然に行っていることが多いですが

最後の概念化が甘く、脳と身体にしっかり記憶させることができていないのです。

 

WBFではしっかりとテーマを絞り、「概念化」を積み上げていくことで記憶を定着させていきます。